: ) PC閲覧推奨。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 牡蠣食べてきた | main | 差別と区別 >>
坂口安吾
『堕落論』とか、他にもいろいろ短編エッセーが載った文庫読んでる。
そのなかで、「特攻隊で、恋人はまだしも、妻がいる兵隊を行かせるのは可哀想」といった世間の同情に反対する一節があって、坂口は、恋人も妻も、好いてる女性と離れてる点において同じだと指摘してた気がする。それがどのエッセーの中だったのかすごく気になってるのだけど、まだ探し出せてない...

堕落論、続堕落論、悪妻論、恋愛論、のあたりが、まだ分かりやすいし天皇制についての言及もあるしで好きだった。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/2022
TRACKBACK