: ) PC閲覧推奨。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 復活だぜい! | main | 電車の中でなにしてる? >>
44* identityとrealとfictionについて。(未完なのでまだ続く)
羞恥心を掻き立てられやすいのになんで何かを人に発信したりするのかわからんのだが、羞恥心が強いと言うことは自意識が強いということでその捻れが虚構を通して自分を表現せねば済まないような所に繋がっているのだろうとも思う。そういうタイプだから何かしらの表現活動に手を出してしまう人間も多い 私は、「現実」「real」 とついになる言葉として、「虚構」「fiction」を位置づけているから、読み換えると、 『羞恥心が強い=自意識が強い、のでその結果、恥ずかしいのだけれど自分の意見を誰かに聞いてもらいたい。でも恥ずかしいから、現実の世界ではなく虚構の世界において、自分を表現しようとする、むしろ、自分を表現せずにはいられない』 ということになるかしら。ふむふむ。 難しいからまだあまり考えがまとまってないのだけれど、おもいつくままにキーワードのような考えをぽろぽろと書いていこうと思う。 この『羞恥心が強い=自意識が強い』というのは、まだ自分のアイデンティティが未完成な印象を受ける。まだ自己同一性を形成途中だから、「わたしはこういう人間なんだ、こういう価値観を持ってるんだ」っていうのを他人に示したいという欲求、もっというなら、その価値観を他人に提示することで肯定されたい欲求があると思う。その行為を通して、アイデンティティを形成するというか。 でもその価値観を他人に説明するってことは、自分が自分の価値観と向き合って言葉で説明できるくらい向き合わないといけないから、それを自意識が強い行動と捉えるかもしれないし、また、そんな自分に羞恥心を抱いてしまう。また、羞恥心を抱くほど自分の内面と向き合ってるなんて自意識過剰。。。と無限ループにはまる可能性もあるし。 アイデンティティが未完成、という点について。たとえば、最近の若者に多いってよく言われるけど、「ありのままの自分」をやたらと強調したがる傾向とかがあると思う。 社会生活を送るにおいて、自分の属するコミュニティに応じて振舞い方を変えて、そのコミュニティに適応しようとすることは、決して悪いことではなくて、むしろ優れたことなんだけど、相手に「素」を見せることにこだわってしまう。 この理由のひとつに、自分のキャラを使い分けることは、アイデンティティが分散しているような感覚につながることがあげられるかも。自分のアイデンティティが確立できてないから、その分散を怖く思うとか。 あとは、女の子が彼氏に「ねえ私のこと好き?」って確認しちゃう傾向にあること。 心理学の講義曰く、男性は自己の確立→他者とのかかわりといったように、それぞれの段階における目標をクリアしながら対人関係を学んでいくのに対し、女性(特に日本女性)は自己の確立や異性とのかかわりの発達がごちゃごちゃ混ざり合いながらすすんでいって、分類分けできないのだそうな。女性が男性に愛情の表現を求めるのは、「好きな人から愛されているワタシ」を自己肯定して、それを自己の確立につなげようとする動きがある。これは、まだアイデンティティが確立してないが故の行動だと思う。 他人の意見に依存するのではなくて、自分が何者なのかどんな意見の持ち主なのかを認識して、自分のことを愛すことができる状態が、アイデンティティが完成した状態だとする。 しかしアイデンティティが確立されてないから、自分の意見を発するときに、その行為に対してなのかその意見の内容に対してなのかは分からないけど、羞恥心を覚えてしまうのだと思う。そして、その羞恥心を覚える自分に対し、それは自分の自意識が過剰だと感じるのではないかしら。 もしくは、そうでないから、自分の意見を発するときに、わざわざ自分の意見を発することを自意識過剰な行為だと捉えてしまうのだと思う。そして、その自意識過剰な自分に対して、恥ずかしいと思ってしまうのではないかしら。 わたしには、羞恥心が先なのか自意識が先なのかはわからない。 私が面白いなって思うのは、「恥ずかしがり屋なのに何かを伝えたいと思って、だからリアルな場所じゃなくてフィクションの場でそれを表現しようとする」っていう流れに、二つの矛盾が隠れているところ。恥ずかしがりbut伝えたい、not現実の世界but虚構の世界、の二つ。 わたしは、虚構の世界っていうのはネットだけじゃないと思う。非現実の世界は、全部虚構の世界だと思うから。 でもそろそろ眠いから、説明はまた今度。
スポンサーサイト
うーん、なんか妙に納得した。
ありがとう!
たしかに。。。
Sinley | 2011/10/13 17:43
うわー、この何とも言えない書きかけ中途半端な文章を読ませちゃって申し訳ない‥(´・ω・`)あくまでも私の感じた感覚だけども。
とりあえず今度パソ付けたら、改行して段落作って読みやすいフォーマットに編集しときます。
もも | 2011/10/13 20:28
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1844
TRACKBACK