: ) PC閲覧推奨。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【本】 太宰治 走れメロス・新樹の言葉 | main | 【映画】 アメリカン・ヒストリー・X >>
【本】 太宰治 桜桃
JUGEMテーマ:小説/詩

『ヴィヨンの妻』『秋風紀』『皮膚と心』『桜桃』

私は、とくに『皮膚と心』が好きです。
女性が、自分の乳房のあたりにできた発疹を気味悪がって、いろいろ悩む話。

「からだを、みんな見せなければいけないかしら」
「そうよ。」あの人は、とても上品に微笑んで答えました。「お医者を、男と思っちゃいけねえ。」
私は顔を赤くしました。ほんのりとうれしく思いました。

女って、こんなものです。見えない秘密を持っております。

んー、太宰は男性なのに、どうしてこんなに綺麗に女性の気持ちを書くのだろう。
ちょとそれはジェンダーちっくでもあるのだけれど、でも私の心の中と合致するところがある。そして、がむしゃらに光を見つめようとするのではなく、根底にあきらめや悲しみが流れているのが、また好き。身の丈、というか。でもでも、かといって絶望しているのではなく、幸せをそこに見つめているかんじ。
それが、太宰の魅力なのではないかしら。うまくはいえないのだけれど。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1805
TRACKBACK