: ) PC閲覧推奨。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 名駅なう | main | 東京旅行 >>
かわいいあなたの詩
漏れる吐息に交じりながら、ぬるい舌先が夢中で肌をすべる
やわらかに波打つ毛先に触れながら、熱く胸に顔をうずめる

わたしの横に寝そべるあなたのあたたかさは、
それは2ヶ月待ち焦がれた、本物の温もり
わたしの上で時折こぼす小さな喘ぎは、
それはあなたの可愛らしさを映す、ひとかけらの現実

わかっているの、このときは永遠じゃないことは
ただ嬉しかったの、いつもは見向きもしないのに、
今晩は何故か愛想がいいのね

あら、もう尻尾をゆるりとひるがえし
ニャアと形だけの挨拶をして
長椅子から飛び降りた。


ちょっとどきどき(笑)
主語もなにもかも分かりにくくしてみたし、お好みで読んでください :)

一応は、女の子目線です。あなたがわたしに甘えてる感じ。わたしがあなたをよしよしして、あなたがわたしに顔を寄せてる、ってのが私の言いたかった図であります。
が、逆もいけると思う。あなたがわたしの髪をもてあそんで、わたしはあなたの胸に顔を寄せる、てのもいかが?

んー、どきどき(笑)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1734
TRACKBACK