: ) PC閲覧推奨。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【本】 小川洋子 『アンネ・フランクの記憶』 角川書店 | main | ゴールデンウィーク一日目 >>
【映画】 トスカーナの贋作
JUGEMテーマ:話題の映画


*トスカーナの贋作 予告編

趣味の濃い映画をよくやってるミニシアターに、サークルの先輩と観に行って来ました。
本当は、観ようと思ってた映画がおわちゃってたのです、でもこっちもおもしろそうだから観ました。
偽物と本物をテーマにした、出会ったばかりの男女をめぐるラブストーリーでした。

個人的に、気に入りました。
すごい好き!途中でトリックにまかれたけど。負けました、完璧に騙されました。
思ったことをふたつみつ。

ひとつめ。偽物について。
主人公の男性は、贋作についての本を書いた作家。その作家のファン?の主人公の女性は、彼とコンタクトを取って、お茶をする。そこで夫婦と間違われた二人は、偽者の夫婦を演じる。そこには本物の愛はないはずなのに、だんだん女性の気持ちが変化してきて、男性も偽物の関係と現実に疑問を抱き始めて。。
っていう感じのストーリーなんだけど、この「偽物」っていう考え方が面白いなって思った。
ふと、百恵ちゃんのイミテーション・ゴールドのメロディーが、頭をよぎりました。
ココ・シャネルも作り物の宝石とかに新たな価値をもたせたよね、たしか。

ふたつめ。イタリアについて。
舞台がトスカーナ地方なのです、イタリアです。
どこからか分からないのだけれど、ふんわり初彼さんのつけてた香水の香りが、香ってきました。
むふ。恋愛映画観ながら、昔の彼氏の要素がばっちりつまってて、なんかやけに切ない気分になりました(笑)
そーいや、奴はイタリア系のアメリカ人だったなあ。最近facebookでした話してないけど、元気かな?

みっつ。女優さんについて。
はうん、超綺麗!
情熱的で隙があって色っぽくて、でも知的で。すごく素敵でした。
ああいう年の取り方できたらいいな、あんなドレスは日本じゃ着れないけど。
ショコラっていう映画にも出てた女優さんみたい。あの映画も素敵!

恋愛に、本物も偽物も、現実も虚構もないのかもしれないね。
恋しちゃったら、それは、恋愛なのかしら。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1676
TRACKBACK