: ) PC閲覧推奨。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 中村中 / 私を抱いてください | main | 中村中 4thアルバム 「少年少女」 - 予告CM! >>
中村中 / あたしを嘲笑ってヨ
JUGEMテーマ:お気に入り


*中村中 / あたしを嘲笑ってヨ

ライブ映像。いやー、ライブでこんなに歌えるなんて、いや、録音より深みがあって、すごく素敵だと思う。

さみしくても 電話かける 相手もいないのよ
泣きたくても 聞いてくれる 相手もいないのよ
夜風に慰めもらってる ねえ あたしをを嘲笑ってヨ

なんとなく思うのは、2ndアルバムは、やけにディープで、ネガティブで、物悲しくって、恋に狂ってて、それがまた病的で、だから守ってあげたくなるような楽曲が多い。

なんか、よく日曜日の午後再放送してるような、ちょっと昔のドラマに出てくる、下町の線路横の細い道の向かい側に建ってる、ぼろい小さな風呂なしの畳の部屋のアパートに住んでる、若い訳ありっぽいような女性みたいなイメージ。
私的には、曇りがちな夜空からちょっと欠けた月がのぞいてて、月の光がその雲の間をゆらゆらしてて、そして"きゅーん"とかきしんだ音をたてながらガタガタと電車が通り過ぎてて、その女の人が部屋の窓辺から、湿った風に吹かれながら、適当にアルコールを引っ掛けてる情景が浮かびます。
そして、そこに男の影があるとなおさら良い。彼女の後ろによれよれの男性ものの下着やタオルやTシャツやらの洗濯物が見えると最高。

・・・語りすぎた。苦笑
落ち込んでる時に聞くと、マジでどん底にまで落ち込めると思う、要注意!
でも、極端すぎるんだけど、すごく共感できるというか、共感と憧れが入り混じってる。
こんな身を捨てるような恋ができたら、って彼女の歌は思わせるのです。
それは架空の世界にとどめておくから綺麗なんだけど。
憧れはキラキラしてるものです、自分が手に入れられないものは光って見えるものなのさ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1353
TRACKBACK