: ) PC閲覧推奨。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 午後からの栄養。 | main | 【本】 海辺の扉 / 宮本輝 >>
【本】 青が散る / 宮本輝
JUGEMテーマ:気になる書籍

友達が教えてくれた作品。いくつか彼のお気に入りをピックアップしてもらったんだけど、学校にはこの作品しかなかった!ちなみに私が読んだのはハードカバー版です。すごい読み込まれててぼろぼろになってました。笑

神戸の大学生の青春ストーリー、て片付けていいのかわかんないけど、いろんな人間模様を描いた小説です。特に心理描写が丁寧だった!テニスに打ち込んだり恋愛をしたり離別を経験したり、大学4年間が一冊に凝縮されてるんだけど、風のように、でもなんとなくだるい雰囲気も残しつつ過ぎていく書き方がよかったです。

作者がテニスをやってたからだと思うけど、テニスの試合の描写がすごい。私は高3の体育で半年かじっただけだけど、プレーの描写から登場人物の心情とかそういうのが伝わってくるよ。読んでるこっちがどきどきしちゃう。

個人的には、はたちで医者に嫁いでアメリカに行った女の子が、日本に一時帰国したときに、好きだった主人公と一度だけ体を重ねてしまうシーンでぐぐっときました。なんでかなー、なんかすごく切なくなったよ。小説ラストの終わり方も、すごく綺麗に描写されていて好みでした。あ、あとセリフが関西弁?神戸のアクセントだったのも、なんとなくかわいかったです。

まあ、たまに文章中に余計な表現があった気もするけど、まあそれはご愛嬌で。笑

丘から見下ろす港町の夜景や繁華街、電車や海辺の街並みなど、とにかく描写が丁寧で、自分で見てみたくなりました。すてきだろうなー

これはおすすめ!

スポンサーサイト
おもしろそう!!
今度時間と本見つけて
読んでみる(^^)
とーげ | 2010/06/01 20:21
とーげちゃんは現役テニスプレーヤーだし、絶対いいよー!
読んでみてね :)
もも | 2010/06/02 07:25
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 | 2010/06/18 11:02
COMMENT









Trackback URL
http://5325.jugem.jp/trackback/1026
TRACKBACK
燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。 炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、 勝利への貪婪な欲望と「王...
青が散る 宮本輝 | 粋な提案 | 2010/06/18 10:14