: ) PC閲覧推奨。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カラオケ行きたい!
歌いたくて仕方ない!カラオケ行きたいー!
家の近所にあったやつ、つぶれちゃうんだもん。つまらん。本気で歌いに行こうかなぁ、悩むなぁ。
買いたいものが多すぎる
母のありがたいお言葉:
いくら高くても、ほしい時にはためらいなく買えます。

ほしいもの一覧(ほしい順ではない)
?ル・クルーゼ的なお鍋
?ベルメゾンで見つけたカーテン
?ケイト・スペードのピンクのトートバッグ
?ショッキングピンクのハンドルがリボンみたいなフリルの小さなトート
?ナイキかニューバランスにあったオレンジぽいパーカー
劇団四季のリトルマーメイド見てきたよ
劇団四季のミュージカル『リトルマーメイド』を母と見てきた。久しぶりにカラフルでキラキラしたものを見た!

ステージがカラフルだし、演じてる人たちも笑顔でキラキラしてる。きっとオーディションとか激しいんだろうなぁ...そういうのに裏打ちされた華やかさ。少し毎日を適当に過ごしてしまっている私には、ぐさっとくる。いつの間にこんな気持ちを持つようになってしまったんだろう。いや、普通に舞台も歌も美しかったです。

うっかり、前半の幕でアリエルに感情移入して泣いてしまった。
彼女は人間の世界に憧れてて、でも理解者がいなくて悩んでるところにちょっと共感してしまった。自分はまだ見ぬ世界に夢を抱いていて、ただもうちょっと知りたいだけなのに、みんな危ないだの、プリンセスだから立場をわきまえろだのうるさいし、ただ面白がって笑い者にするし、「誰も私のことわかってくれない!」って泣くのが無邪気だしパワーがあってすてき。そういうの大好き。
でも、結局人間の世界への憧れは、王子さまへの恋に収束してしまって、ついでにお父様のお許しを得て、高貴な家柄出身の若い魅力的な二人が結婚するハッピーエンドになっちゃう。まぁ別にいいんだけど、「結局そこかー」て感じ。
最後のほうで、アリエルが父親に「ごめん、わたし自分のことしか考えてなかった」っていうけど、じゃあ誰のことを考えればよかったの?家族のこと?でもあなたの父親は、あなたを跡取りにしたくて危ないことはやめろって言ってたのよ。そりゃ娘が心配なのもあったと思うけど。だから最後にアースラに魂差し出そうとしたのだろう、でも海の王様がそんな私情に突き動かされてもらっても困る。ここの矛盾を考えると、王室って不合理なシステムだよなぁとも思う。
話ずれちゃったから戻す!結局、アリエルはお父様の「お許し」なしには自由になれなかったってことなのかな、とか思ってしまった、それは彼の「理解」なのかもしれないけど。もしも彼氏が高貴な家柄出身じゃなかったらどうだったんだろう。許可しなかった?じゃあ、そのときはアリエルは諦めるのかしら。とか、意地悪なことを思ってしまう。

あとは、アースラの生い立ちが気になる。見た目で家族からも愛されないのって、虐待じゃん。あのたこのような見た目は、母が子供の頃にお祭りで見たって言う、見世物小屋のタコ女を彷彿とさせて、心が穏やかじゃなかった...

しかし、どこかもっと素敵なところへ連れ出してくれる魅力的な王子さまに、私だって見つけられたい!ていう願望が一瞬わたしの頭をかすめていったから、ミュージカル(もしくはディズニー)はすごい。

たのしかった!

村上春樹の小説に出てきそうな主人公に
会いたい。

スパゲッティーをゆでたり、サンドイッチを作ったり、洗いざらしのシャツを着たり、バーでだらだらお酒飲んだり、女の子に呼び出されてさらっと出掛けたりするような、男の子とキンキンに冷えた白ワインとチーズを食べたい。

例のジャガイモ煮込みを待ちながら、『風の歌を聞け』を読んでて、なんかふと思った。そんなことを思いながら、私は明日からまた学校へ行き、規則正しい生活を送るのだろう。嘘をつく生活がはじまる。

でもいまのまま、月日を消費するように毎日を過ごすのも、いろんな意味で心がヒリヒリする。捨ててるみたい。でもそんな毎日も悪くないけど、誰かを傷つけてるならそれはいやだ。でも自分にうそついてわざわざ付き合う必要もない。おしゃべりしてるとどぎまぎするんだもん、そんなのいやだ。
隣の中国人の中華料理屋のおいしいメニュー発見
中国本場の味!っておすすめしてあった、『ジャガイモと鶏肉の煮込み』てのが、すんごくおいしい。中国の味がする。北京の味。塩気がはんぱなくて、白いご飯がすすむ。おいしーい!!!!
そして異様に量が多い(笑)なぜだろう。明日のお弁当にしよう。るんるん
美味しいスープを発明した
白菜を軽く炒めて、コンソメとツナ缶とマカロニを加え、マカロニが柔らかくなるまで煮る。おわり。

これがとってもおいしい。一人で全部食べられちゃうくらいおいしい。ツナ缶のうまみがじゅわーってかんじ。缶詰のいいところね。蟹とかで作ったら、きっともっとおいしい。野菜はキャベツの方が普通かもしれんけど、白菜のくたくた感がよい。玉ねぎとかいれたくなるけど、たぶんシンプルになっぱだけでとどめておくのがおしゃれ。具だくさんもいいけど、シチューみたいになっちゃうしね。
すっごく化粧品を買いたい気分なう
ファンデーションがなくなりそう。いつもの買わなくちゃ。
化粧水はなくなった。保湿できるのがいい。無印のジェル使ってたけど、うむ、新しいの試してみようかな。たまたま見つけたのだけど、NOMAMAってよいかしら。できるだけ添加物入ってないのを使いたい。去年の冬に適当なアイシャドウ塗って、まぶたが荒れたのはしんどかった!
クレンジングも新しいのほしい。ファンケルのを試そうかなぁと思ってるところ。

来週末あたり、ちょっとお出掛けしよ。
それでお買い物する。きーめた!
差別と区別
差別と区別の違いはなんだろうって、昨日参加した勉強会で、他の先生が言っていたけど、それはきっと「権力ヒエラルキーの中で、上位から下位へ向けて、合理的な理由なく属性の違いに基づいて、なにかを無理矢理させること」だと思う。そこには、上下関係がある。

教師と生徒、管理職とヒラ教員...

そのことに気付いていないとなぁ、と改めて考えてみて実感したけど、「先生」て肩書きついてると、大人に対して急に何も言えなくなってしまう、わたしの弱さよ。先生のときのわたしも、強くなりたい。
坂口安吾
『堕落論』とか、他にもいろいろ短編エッセーが載った文庫読んでる。
そのなかで、「特攻隊で、恋人はまだしも、妻がいる兵隊を行かせるのは可哀想」といった世間の同情に反対する一節があって、坂口は、恋人も妻も、好いてる女性と離れてる点において同じだと指摘してた気がする。それがどのエッセーの中だったのかすごく気になってるのだけど、まだ探し出せてない...

堕落論、続堕落論、悪妻論、恋愛論、のあたりが、まだ分かりやすいし天皇制についての言及もあるしで好きだった。
牡蠣食べてきた
鳥羽へ焼ガキ食べ放題いってきた。
すんごくおいしかった。もうこれでもかってくらい、カキ食べた。ひいいい!まんぞく!
ひたすらに、「カキの平たい面から焼く。表面乾いてきたら、裏返してカーブしてる面を焼く。口が開いたら、ちょっと放ってから、テコの原理でこじ開ける。殻の上で身が白から色が変わるまで焼く。」というのを繰り返す。そして、たべるたべる。それがまぁおいしいこと!ベルギーで、ムール貝をひたすら食べたのを思い出したよ。焼ガキじゃなくて、白ワインで蒸したようなのも食べたくなるね。贅沢!しかし、昼間からビールのんで牡蠣食べて、幸せだったぜ

ついでに夫婦岩とその横の水族館にも寄りました。トリップアドバイザーによると、日本5位らしい。ほんとかよ!?って入ったけど、アザラシのお散歩は狂いそうなくらいかわいかったし、アザラシタッチもできて気絶しそうでした。かわいかった...
あとは、赤福餅と季節限定ぜんざいも美味しかった。いやーしあわせ。お土産に買ってこればよかった(完璧に忘れてた)
夫婦岩をバックに自撮りしたお写真が、死にそうにかわいい。つい現像してしまった。
帰りの四日市コンビナートの夜景がきれいだった。最近観光資源ってことで売り出してるんだよね?いやー、あのキラキラ感はよい。ハウルの動く城を彷彿とさせます。

しかし高速代を渋るから、移動になんだかめちゃ時間かかった。私ならすぐ高速使っちゃうのに!(まぁ都市高速は使いたくないけども...)

たーくさんおしゃべりもしたし、久しぶりに超楽しかった。